若ハゲを隠して改善

若ハゲが気にならない髪型とは

とにかく髪型は短髪がよい

かつらや増毛には抵抗があるという方は、髪型を工夫しましょう。「髪の毛が薄いことで悩んでいるのに髪形なんて」と思われるでしょうが、若ハゲを隠す髪形はあります。若ハゲを隠す髪形のポイントは3つ。薄いところを隠そうとしない、ショートにする、そして全体のバランスをとるということです。

「ハゲを隠したいのに隠そうとしないなんて無理」実は隠そうとすればするほどハゲは目立ちます。その理由は、髪の毛がたくさんある所と少ない所の段差が大きくなるからです。段差が大きくなれば、少ないところはより目立つようになるということがお分かりいただけるでしょう。

このギャップを少なくするために、ショートにすることが重要になります。髪の毛の多いところをショートにするだけで、薄くなったところとの段差が少なくなり、ハゲが目立たなくなります。

全体のバランスが整えば、ぱっと見にはハゲは目立ちませんし、かえって魅力的な髪型になります。

●若ハゲを隠す髪形、最大のポイント
若ハゲを隠す髪形でもっとも大切なのが縦長にするということです。具体的にご説明すると、髪の毛が多いサイドを短くすることです。サイドを短くすることで、横への膨らみがなくなり、頭頂部や前頭部など髪の毛の少ない部分との段差が少なくなり薄毛部分が目立たなくなります。

サイドを短くする髪型でよく知られているのがソフトモヒカンです。ちょっと思い浮かべてみてください、この髪型でしたら頭頂部の薄毛は気にならなくなると思いませんか。ソフトモヒカンでしたら、スーツ姿にもちょっとワイルドにもさまざまなアレンジが可能ですから、若ハゲを隠す髪形としてはおすすめです。

頭頂部が気になるという方でしたら、オールバックがいいのではないでしょうか。この髪型もスーツに合いますし、カジュアルな雰囲気にすることもできます。この時もサイドは短くの基本は忘れないでください。

では、坊主はどうなのかと言いますと、坊主は頭の形で印象が大きく変わってしまいます。ですから、似合う方、似合わない方の差が大きくおすすめの髪型とは言えません。

若ハゲを隠す髪型はこれ以外にもたくさんあります、でも基本はサイドは短く、縦長の髪形になるようにすることです。

Copyright © 若ハゲになった原因を考えてみる. All rights reserved.